骨を強くするのはカルシウムとビタミンD

少し前から子供がサッカーを始めました。地元のサッカースクールに週に2回通っています。楽しそうで良いのですが、月に1回くらいすり傷を作って帰ってくるんです。

5歳の男の子なんで、サッカーやってすり傷ができるとか普通だと思うのですが、いつか骨折とか大きな怪我をするんじゃないか心配です。

ちなみに、実は日本人のカルシウム摂取量は、先進国の中で最下位なんだそうです。だから日本人は欧米人に比べやせ細っているんですかね。

骨を強くするために毎朝牛乳を飲ませていますが、それだけじゃ足りないようです。中身が詰まった良い骨になるためには、骨にカルシウムがしっかりと定着することが大切です。骨の材料となるカルシウムはもちろん、カルシウムの吸収を助けるビタミンDの摂取などが重要なんだそうです。

ビタミンDが不足すると小腸や腎臓からのカルシウム吸収が不十分となり、骨や歯の形成もうまくいかなくなり、赤ちゃんや子どもではくる病、成人では骨軟化症を引きおこすといわれています。

ビタミンDを豊富に含む食品は比較的限られており、魚介類、卵類、きのこ類などです。特に魚介類はビタミンDが豊富に含まれているそうです。

つまり、骨を強くするには、牛乳をたくさん飲んで、魚をたくさん食べることがいいようです!

ただ、息子は魚があまり好きじゃなく、肉ばっかりなんですよね。一度喉に魚の骨が刺さってから食べるのが嫌になってしまったようです。なんとかビタミンDをたくさん摂取してほしいものです。

最近は子供でもサプリメントとか飲んでいる人もいるみたいなんで、そういうので補うのもいいのかなとは思っていますが、サプリメントって本当に効くのかな?副作用とか、子供の体に悪影響ないのかなって不安に思っちゃいます。